行政書士のすべて

行政書士とは何をする人?

行政書士とはどのようなことをする人なのでしょうか。
行政書士とは職業の1つで、国家資格者です。
仕事の内容としては、官公庁などの役所に許認可の手続きを代行したり、権利義務に関する書類を作成したり、その他にも事実証明に関する書類を作成する資格者のことをいいます。
また、書類の作成をしながらも、場合によっては代理人として代わりに動くことも出来るのです。
さらに具体的にいうと、何かの事業を開始しようとした場合、許認可を取る必要がある場合があります。
例えば不動産の事業を行おうとした場合、宅建業の免許を取る必要があり、建設業などを行う場合も建設業の許可を取る必要があり、このような許認可を取るためにその申請を代わりに行うことができます。
その他にも、外国人関連で、在留許可などの手続きも行うことができます。
また、契約書、遺言書、遺産分割協議書、離婚協議書などの法律的な書類も作成でき、その他にも、クーリングオフや返金請求などをする際に使われる内容証明郵便なども作成できます。
このように行政書士とは、会社などの事業を行う際に必要な手続きを代行することができるだけでなく、弁護士などのような法律的な書類の作成なども行うことができ、幅広い業務を行うことができる国家資格者なのです。

行政書士の仕事内容

法律に関する困ったことがあったら、行政書士に相談してください。
すごく親身になって、相談に乗ってくれます。
行政書士は弁護士と並ぶ法律の専門家です。
現在、40.000人くらい存在している、最も馴染みがある法律の専門家であると言えるでしょう。
行政書士の仕事は、法律を知らないために損をしている人達を、法律に関する豊富な知識で助けることです。
その業務範囲は年々広がっています。
依頼を受けて、省庁や都道府県庁、市役所・区役所など、官公署に書類を提出したりします。
扱える書類は数千種類以上もあります。
また、会社を設立したい人の依頼を受けて、定款というものを作成することもあります。
他に遺言書や遺産分割協議書、離婚協議書や示談書などを作成することもあります。
損害賠償請求やクーリングオフなどに関することに携わることもあるでしょう。
なおその資格は国家資格です。
ですから、資格を取得して行政書士になれば、独立・開業しやすいです。
会社などに縛られず、自分のペースで生活することができるのです。
独立・開業した際の年収に関しては、平均で450万円程ですが、300万円に届かない人もいますし、5.000万円を超える人もいます。


Valuable information


カラコンの度ありを紹介しています

廃車の相続

LEDのイルミネーションを紹介しています







Last update:2020/10/21

copyright(c) 2015 「行政書士とは」 all rights reserved.