行政書士のすべて

行政書士のできる業務とは

行政書士とはどのような業務をすることができるのか知られていないことがあります。
「行政」という名が付いているので、行政関係の書く仕事をしているのではないかということは想像できるかもしれません。
それはあながち間違ってはいなく、行政関係の中でも、役所などに提出する書類の作成や代行を行っているのです。
いろいろな種類の許認可の手続きを行っており、そのような手続きは行政書士の独占業務として与えられています。
独占業務とはこの資格がないとできないというものです。
また、それだけではなく、法律的な書類の作成をするこもできます。
街の法律家とも言われており、個人が悩んでいるような法律的な書類の作成ができます。
代表的なものとしては相続の手続に関して、遺言書の作成や、遺産分割協議書などがあげられます。
また、離婚する際に悩んでしまう離婚協議書の作成などもできるのです。
このように行政書士とは独占資格として与えられている許認可の書類の作成やその代行、また弁護士のような法律的な書類の作成などもすることができ、幅広い業務を行うことができるのです。

行政書士の業務内容について

行政書士は、官公署に提出する書類、権利義務および事実証明に関する書類を作成することを業としています。
作成する書類の幅は広く、3000種類を超えるといわれており、代表的な業務として次のものがあります。
・飲食業や建設業を始めるにあたって必要な許可申請書の作成 ・遺言書や遺産分割協議書の作成 ・会社設立に必要な定款の作成 ・契約書の作成 こうした書類は、もちろん自分で作成するのも可能ですが、中には書類の内容が複雑で難しい場合や忙しくて書類作成まで手が回らない場合もあります。
このような場合に、書類作成のプロフェッショナルである行政書士に依頼するメリットがあります。
また、行政書士は書類作成の業務に関連して相談に応じることもできるので、街の法律家としての一面もあります。
相談費も弁護士よりは安く設定されているのが一般的です。
ただし、行政書士が取り扱える範囲は、争いに転じる前まで。
裁判にまで発展した場合には、弁護士や司法書士に依頼する必要があるので注意が必要です。

recommend



2020/3/5 更新

copyright(c) 2015 「行政書士とは」 all rights reserved.