行政書士のすべて

行政書士に委託する際のポイントは?

行政書士とは、許認可の手続きや権利義務に関する書類の作成や、事実証明に関する書類の作成をしてくれる国家資格者のことをいいます。
このように書類の作成を中心として申請の手続きを代行してくれたりするものですが、実際にそれを委託するにあたって誰に頼めばいいのか迷ってしまうものです。
例えばインターネットなどで検索した場合、たくさんの行政書士のホームページが見つかります。
あまりにもたくさんいるような場合は誰に委託すればいいのか迷ってしまいますね。
このような場合は、その業務を専門に行っている行政書士を選ぶことがポイントです。
専門に行っているということはそれだけその分野に詳しいということが言えるからです。
ここで間違ってもただ安いからというだけで選んでしまうのはあまりよくないことです。
安かろう悪かろうではないですが、安いだけでは、もしかしたら希望する手続きを考えているようにうまくしてくれないこともあり得るからです。
このように行政書士に委託する際には安易に料金だけで考えないで、その業務に精通している専門家なのかどうかということを第一に考えてみるとよいでしょう。

行政書士への委託で有名な業務

行政書士は、代理人からの依頼により役所への届け出や届け出に必要な書類の整備を行います。
また、役所への申請者本人以外での代理申請では、依頼料等をもらって業務として行うことは行政書士以外では認められていないということが原則です。
行政書士に委託する業務では役所関係への届け出が約八千種類もあるとされており、それらの中でも特に有名なものとして、運輸支局や軽自動車検査協会での登録代行申請が挙げられます。
この代行申請では行政書士に委託することで、面倒な手続きをすべて行政書士が対応しています。
特に登録件数が多いだけに、彼ら専門家側でもこの登録業務を専門に扱う人もいるほどです。
依頼者側では自動車業者に任せる際に見積もり等において、彼ら専門家への依頼料が含まれていることをよく目にします。
自動車業者は士業の専門家ではありませんから、専門家に依頼して対応をしてもらうというわけです。
その費用は自動車業者は負担せずに、ユーザーである人に負担をさせる仕組みになっています。

Valuable information



Last update:2020/3/5

copyright(c) 2015 「行政書士とは」 all rights reserved.