行政書士のすべて

行政書士として開業するには

行政書士として開業するにはどうすればよいのか迷う人がいるものです。
せっかく行政書士の資格を取得したのだから開業を考えるのは当然ですよね。
実はそれだけを考えるのであれば比較的簡単にすることができます。
資格を持っていれば、行政書士会に申請をするだけで出来るからです。
自宅を事務所にすることも可能ですし、どこかに事務所を借りてすることもできます。
しかし、基本的にはいきなり開業をしてもそうそう仕事がないことが多いものです。
そのため、その前にどこかの事務所で仕事をしながら実務の勉強をしたり、または会社などの総務部や法務部などで関連した仕事をして実務を経験することも1つの方法として考えられます。
もちろんそのようなことをしなくても営業力があったり、人脈が豊富な人は最初から独立して稼ぐことも可能でしょう。
このように行政書士はすぐに開業することもできるし、実務の勉強してからタイミングを見てすることもできるので、自分にあったやり方を探して検討するとよいでしょう。

行政書士として開業するためには

行政書士として開業するために必要なことは何かというと、最低でも、行政書士試験に合格することが必要です。
憲法・民法・行政法などボリュームの多い科目が試験科目となっていますので、予備校に通われるか、通信、もしくは市販のテキストなどで勉強をしていく必要があります。
この際には、法令の改正などの情報に注意した上で勉強をしていくと良いでしょう。
合格をしたら、行政書士として開業をするだけならば、実はそんなに難しいことではありません。
自宅で開業をすることも可能になっています。
しかし、経営をするノウハウなどが身に付いていない場合、すぐに事務所を立ち上げるのではなく、既存の事務所で働かせてもらいながら、どのように実務をすれば良いのか、経営する際に必要なものは何なのかというのを学んでから開業をするのが良いのではないでしょうか。
トラブルが起きた時の対処など、知識や経験がない状態で一人で業務を行うのはリスクが高いからです。
こうしたことに気を付けると、行政書士として仕事を行っていくことが可能になるのではないでしょうか。

おすすめWEBサイト


医療用ウィッグを買う

最終更新日:2019/4/26

copyright(c) 2015 「行政書士とは」 all rights reserved.